審査に通りやすい

大家さんは空き家状態が続くのが怖い

新築物件や設備が充実した築浅物件と比べて、古い賃貸住宅は入居審査にひっひかりにくいと言われます。何故かというと、物件の周囲にもっと条件の良い物件がたくさんあるような場合は、なかなか入居申し込み自体が入りにくい傾向であるからです。古い賃貸住宅にはなかなか入居しようと思う人が少ない中、大家さんとしては人を選ぶよりもなんとか空き家になる事を防いで家賃収入を得る事を重要視する傾向です。そういった背景がある中で、築年数が古くて設備も充実しているとは言い難いような物件は年収が低かったり収入が安定しない職業の人でも審査に通りやすくなっています。ちなみに、継続的に賃貸情報サイトを確認し続けて1年以上空き家の状態が続いている家があったらそれは大きな注目物件と言えます。

前年度の年収がどんなに低くても審査を受けてみる

世間では前年度の年収が200万円以上ないと、どんなに安い家賃の住宅でも入居するのは難しいといったように噂されてきたようなところがあります。家賃保証会社の中で、たしかに年収200万円をひとつのボーダーラインにしているところもある事も判明していますが、保証人を立てる形ならばその限りではありません。もし、ケガや自営業の不調など何らかの事情で前年度の年収が100万円に満たないような場合でも、決して新居への引越しを諦めないでください。ある程度の額の年収があるほか入居申し込み者との関係で深い人を保証人にする事ができれば、審査に通る可能性は十分にあります。その他、不動産会社を通じて前年度の年収が低くても今年度の年収は大幅にアップする見込みである事を大家さんによく理解してもらえれば、それも好材料となります。

新札幌の賃貸は、都会的なエリアだけでなく、緑に囲まれた自然豊かなエリアもあり、生活スタイルや好みに合う物件を選べます。